2009年08月06日

物騒ですね。。。

RIJ FESから戻り、身も心もすっかりリフレッシュして

さあ、下半期もお仕事がんばりましょう!なテンションに

なってるというのに、物騒なニュースばかり。


押尾学にのりピー。。。 ネットでは憶測が飛び交って

読めば読むほどドロドロした裏社会って感じがして

気持ちが悪くなる。。。


あのフェスの緑と空の青が恋しいよ。

東京は怖いところだよ。

ほんと。


事件現場のヒルズの部屋はPJ野口社長が

遊び部屋として借りてたものらしいんだけど

セックス&ドラッグに溺れたクズの溜り場・・・

想像するだけでキモチワルイ!!

カリスマ経営者として女性に人気の野口社長だけど

今回のヤバい交友関係が表ざたになったことで

PJファンの女の子たちもさすがにドン引きなんじゃないかな〜?

でもってどんどん芋づる式に大物の逮捕者が

出てくるんじゃないかと。



のりピーもさ、よくわかんないよね。

シロなら一人で息子連れてそんな山奥で悩まずに

周りに相談したりすればいいし、妻として警察に

協力する責任があると思うし。

本人もクロで、検査から逃れるために逃亡って

ハナシも出てるけど、それならそれで、腹をくくって

自分のしたことを償うべきだし。

いずれにしても、夫の逮捕直後に姿をくらますのは

怪しすぎて・・・ 見つかってしまったらどう弁解するのか・・・



そういえば、前にたしか、清水圭かだれかが

話していたんだけど、

イギリスに入国するとき、スーツケースに

トレインスポッティング(ユアン・マクレガー出世作のドラッグ映画ね)の

ステッカーを貼っていたら、警察官に

「おまえこの映画が好きなのか?」といわれて

別室に連れて行かれて職務質問されたらしいです。

ドラッグ映画のステッカーを貼っていただけでですよ。

それぐらいでマークされちゃうほど、欧米の若者のドラッグ問題は

深刻なんだろうと思いますけど、

日本もそれくらい敏感に、どんどん取り締まってくべきだと

思いますね。

興味本位ではじめたことが、家族や恋人、友達を傷つけ、

いろんなものを壊して、失くして、身も心もボロボロになるだけ。

絶対にそんな人間になってはいけません。


ドラッグに溺れていくロックスターもいっぱいいますが

私はぜんぜんカッコイイと思いません。

むしろ、哀れな人、幸せの足りないかわいそうな人だな、と

思ってしまいます。

ドラッグ三昧の「ベルベットゴールドマイン」みたいなロック映画より、

「スクールオブロック」のようなポジディブなロック映画のほうがずっと好きだし。

「ハイフィデリティ」みたいな生き方もすてき。

ちょっとした日常の中にこそ、ロックはあると思いますよ。





バンドTシャツ&ロックグッズのケーズロックストア
http://www.ks-rock.com
posted by ケーズロックストア at 10:27| ☁| 一般/時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。