2010年02月22日

ジョエル&ニコールのチャリティ

ニコール・リッチー、低所得者住宅が多い地域に子ども用の遊び場を寄付で作る

2月22日11時20分配信 シネマトゥデイ

ニコール・リッチーとパートナーのジョエル・マッデンが子ども用の遊び場の建造に携わり、完成を迎えた。

 ニコールとジョエルはロサンゼルスの低所得者住宅が多い地域に子ども用の遊び場を作ろうと、リッチー・マッデン・チルドレンズ基金チャリティーを通じ、2008年に3万5000ドル(約315万円)を寄付。残念ながら遊び場のオープニングの日は天候が悪く、ニコールとジョエルの2歳の娘ハーロウちゃんは遊ぶことはできなかったらしいが、二人は完成した遊び場に大満足のようだ。

 「遊び場を作ったこの土地を初めて訪れたとき、外で遊ぶ子どもなんていなかった。子どもが想像力を大きくはばたかせ、外で遊ぶことができる場所ができたことは本当に素晴らしいことです」とニコールはコメントし、ジョエルもこのプロジェクトにかかわれて光栄だと言っている。

 二人のチャリティー活動はこれで終わりではなく、今後も寄付は続けていくとのこと。ニコールたちの基金が販売しているマグカップの収益は寄付されることが決まっており、その額は最低でも25万ドル(約225万円)になるという。「この基金は僕とニコールにとってとても大事な存在です。地域社会に参加できること、僕たちほど恵まれていない子どもたちと一緒に何かを祝えることがうれしい」とジョエルは語っている。(BANG Media International)


-----------------------------

10代のころは、パリス・ヒルトンとともに

お騒がせセレブの代表格だったニコールも

母になって随分変わりましたね。

ジョエルともうまくいっているみたいでとっても幸せそう。

ところでこの二人、まだ籍を入れていない気がするのですが・・・

子供のためにも籍を入れればいいのに。

(日本の結婚事情とはちょっと違う部分もあるんでしょうねぇ)

0aeb5152eee33b3e.jpg

ベビーカー、デカっ(笑)


バンドTシャツ&ロックグッズ ケーズロックストア

http://www.ks-rock.com
posted by ケーズロックストア at 13:29| 🌁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。