2010年04月05日

映画『ソラニン』観てきました

土曜日に『ソラニン』観て来ました。

原作の大ファンだったので楽しみにしてました。

事前の予告動画だけで泣いちゃってましたから(笑)


ネタバレになるので多くは書きませんが

ストーリーはわかっているのに、途中何度も

泣いてしまい、最後のライブシーンでは

アイちゃん(主人公芽衣子の親友)と同じくらい

ボロ泣きでした。


アジカンの主題歌「ソラニン」ももちろんいいし

ホリエテナー(ent名義)担当の劇中音楽も

かなり良かったです。


もちろん原作同様、心にザクっとささるような

胸の痛くなる映画ではあるんだけど




日常がつらくない人なんかいなくて

泣いたり傷ついたり我慢したり、


でもそれでも時々、一瞬でもキラキラした幸せを

感じられれば、それだけでよくて。

その一瞬のために生きてるんだということを

改めて考えされられました。


主役の2人(宮崎あおいと高良健吾)は

もちろん良かったけど、私はけっこうビリー(桐谷健太)の

シーンに泣かされたかな。

サンボ近藤さんの演技はところどころ

棒読みな感じも否めなかったけど、

それはそれで、アリだったというか、

いつもふざけてるけど本当は不器用で繊細な加藤の

雰囲気とマッチしていて

逆に良かったような気もしました。




この映画は

特に学生時代にバンドをやって

音楽で食べていこうなんて思ってたころが

あったなぁ・・・そんなヒトには絶対観て欲しい映画です。(もちろん原作も読んで欲しい)

私もそんな一人です。



なんだか、ソラニンに背中を押してもらったような気がするので

がんばって生きていこうと思えました。


31JQMFG2EJL__SL500_AA300_.jpg
ソラニン 1〜2巻 /原作 浅野いにお





バンドTシャツ&ロックグッズ ケーズロックストア
http://www.ks-rock.com
posted by ケーズロックストア at 15:08| ☔| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。